重要性が一気にアップ!注目を集めているMDMに関する知識を一挙に紹介

このサイトでは、MDMに関するさまざまな情報をご紹介しています。
このサイトを読むことで、こうした管理方法について詳しくなることができます。
注目を集めているこの管理方法に関する知識を一挙に知ることもでき、重要性が大きくアップしています。
実施するために必要となる、基本的な機能についても知ることができるサイトです。
リモートでも可能な実行手段に関係する知識もこのサイトでは紹介しているので、こうした方法で使用したい人も参考にできます。

重要性が一気にアップ!注目を集めているMDMに関する知識を一挙に紹介

MDMは重要性を高めていることから、ビジネスの世界でより多くの人に注目されるようになっています。
MDMの重要性が従来よりも高くなったのは、企業の事業活動を管理するために必要不可欠なシステムになったからです。
最近では企業が事業をおこなうために携帯端末を使用することも多くなりましたが、こうしたモバイルシステムを安全に管理できるシステムとして、MDMが注目されるようになりました。
社内で一元的に携帯端末を管理できます。

MDMを重視する企業が増えている理由

MDMを重視する企業が増えている理由ですが、パソコンなどのIT機器はもはや当然として、それだけではなくスマートホンやタブレットなど、モバイルで持ち運び可能な機器を社員に貸与する企業が増えていることが背景にあります。
オフィス内でデスクトップPCだけを使っていたような場合には、MDMを導入しなくても会社のシステム部門等が管理することも比較的容易でしたし、オフィス内に設置されている場合には上司や同僚などの目もあるわけで、会社側の想定外の使い方をされてしまうリスクも低かったからです。
ですがモバイルデバイスになると、自宅に持ち帰ることもごく普通というか、在宅勤務やリモートワークが導入されるようになるとむしろそれが前提となります。
会社の管理が行き届きにくいところで使われることになりますので、不適切な使い方とか情報が漏洩するようなリスクも今までに比べて格段に高くなっていることが、MDMを重視する企業が増えている背景にあります。

テレワークとMDMの密接な関連性

最近は日本でもテレワークを導入する企業が増え、MDMが注目を集めています。
MDMはタブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイスを管理するシステムで、様々なメリットを持ちます。
管理システムを上手に活用すれば、業務の効率化を図れます。
企業では膨大なデータを取扱っていますが、従業員が端末を紛失した場合でも遠隔操作で保存データを消去できます。
多くの企業で使われているMDMは、テレワーク環境のセキュリティ対策でも活躍しています。
働き方改革により自宅で仕事を行うワークスタイルが浸透していますが、在宅の仕事ではパソコンだけでなくタブレットやスマートフォンも使います。
業務用の端末を社員に支給すれば、遠方で働く人とも円滑にコミュニケーションを取れます。
モバイルデバイスは便利に活用できる一方で、セキュリティ面に不安を持つ人も多いです。
ウイルス対策ソフトを入れても万全ではないため、MDMが脚光を浴びています。

モバイル端末の紛失をMDMで防止

MDMを利用することでモバイル端末の紛失自体を防止するようなことはできませんが、それによる情報漏洩などの被害を防ぐことはできます。
端末をどのように扱うか、無くしたりしないかは貸与された従業員一人一人の意識とか心がけによるところが大きく、MDMのような管理方法で何か対処できるような性質のものではありません。
しかし、紛失した場合にその端末から会社の重要情報が漏洩するようなことになれば大きな問題です。
MDMを導入していれば、このような事故が発生した場合に、遠隔操作でロックをかけるとか、内部ストレージを初期化するといったことができるようになりますので、結果的に問題の拡大を防止することができます。
もちろん、これはその端末を無くしたことに気づいた時点でできるだけ早く会社の管理部門に連絡することが前提です。
そうでないと、その間に悪意ある人が操作して抜き出してしまうかもしれませんので、この点での従業員教育は必要になります。

MDMによる各種デバイスの一元管理

MDMとは、Mobile Device Managementの略語であり、企業が従業員に貸与した各種のモバイルデバイスを一元管理することを意味しています。
モバイルデバイスはその性質上、普段は従業員自身が持ち歩くことになりますし、それは仕事をしていない夜間とか休日であっても会社の直接的な管理下にはなく、従業員自身が管理することを意味します。
となると、いろいろな意味で会社側が考えたとおりの使い方がなされないことも危惧されるわけです。
これは柔軟な働き方を志向する上では避けがたいことかもしれませんが、やはり会社として適切な管理体制を図ることは必要でしょう。
MDMはそれを強力にサポートします。
つまり、離れたところにいる会社のシステム管理者であっても、適切にそれらの端末を監視したり管理したりすることができるようになるわけです。
別に従業員自身の行動を逐一監視しようとする目的があるわけではありませんのでその点は注意してください。

著者:奧野雪子

筆者プロフィール

新潟県新潟市生まれ。
大手企業でMDMの管理を担当。
MDMに関する情報を記事にまとめました。
MDM ツール